人気ブログランキング |

宮崎暁子のブログ ナレーター・声優・司会・MC miyazakiak.exblog.jp

<   2009年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

春まで通っていた会社に、久しぶりに足を運んで、Myデスクで雑用をしていると・・
f0043559_10415563.jpg
大好きなBさんが、懐かしい声で「みやざきさぁ~ん」と声をかけくれました。
約2ヶ月ぶりの再会が嬉しくて、思わず抱きついてしまった・・(〃⌒∇⌒)ゞ
(*^-^)/ 「元気でしたかぁ~ すごく会いたかったです~」 \(^-^* )
Bさんの笑顔はステキなのです~

そして、久しぶりに大好きな会社の皆さんと、短い時間だったけれど話ができて
すごく嬉しかった。 \(*^-^*)/  
f0043559_1042972.jpg
「ミヤザキさん、僕、これから、一緒の方面に仕事なので、途中まで!」(*^.^*)
そういって、ながーいお付き合いのOさんと一緒に、てくてく現場に向かう・・
久しぶりにホノボノOさんとも会えて、嬉しかったなっ
f0043559_10404233.jpg
真面目にスーツを着て、会場の後ろに座っていると・・一年間、お世話になった
方々が、「久しぶりねぇ~ 元気にしてた?」そういって、声を掛けくれました。
改めて思う。私、携わっていた一年間、ステキな出会いを沢山頂いたんだなぁと・・・
私は、幸せ者だなっ。本当に、感謝の気持でいっぱい。 
f0043559_10405510.jpg
そして、ダンディーなH本部長様とも久しぶりにお会いすることができて・・・
屋久島のことや、登山の話で盛り上がりました。

余談ですが、子供の頃から、理想の男性像がショーン・〇ネリーの私。
博多には、私の心の中のショーン様が2人いて、一人は「駅前3丁目のショーン様」で、
駅前三丁目のショーンは・・・顔出しNGなんです
もう一人が、こちらの「中央街のショーン様」 H本部長様でございますヽ(´▽`)ノ

中央街のショーン様、次回登山の時は、私もご一緒させて下さい~
私、お弁当は作れませんが、おつまみと、日本酒は持参しますので~ヾ(〃^∇^)ノ
by miyazaki_akiko | 2009-06-19 23:39 | ナレーション・声優
先月携わったブライダルの新郎・新婦さまたちと、お疲れ様会を開きました。
5/23 ひろさん・まいこさん ブライダルの様子はこちら
二次会の様子はこちら
f0043559_10503117.jpg
ブーケを作ってくれた、ともちゃんも参加してくれました!
ブライダルの時の裏話や、思い出話で話は尽きず・・・大盛り上がりでした。
二人のブライダルには、スペシャルメンバーで携わりました
f0043559_10504023.jpg
新婚旅行のハワイ土産を頂き、ご機嫌な、ともちゃんと私でございます。
私は、なんと、お菓子と、靴下を頂きました。ひろさん・まいこサン ありがとう。
f0043559_1051444.jpg
ひろさん・まいこサン 今日は会ってくれて有難う。これからも、仲良くねっ。
そして、これからも、私たちとお付き合いをしてねっヽ(^◇^*)/
by miyazaki_akiko | 2009-06-18 23:57 | ブライダル・Produce

お洒落なひと時

平日の昼間、久しぶりに大濠公園にやってきました~ 気持いい~
f0043559_10544084.jpg
番組でお世話になっている方と、大濠公園の池を望める、ステキなお店「花の木」へ
f0043559_10445152.jpg
約1ヶ月ぶりにお会いしたTさんと、近況報告をしながら、洗練されたお食事と、
大濠公園の風景を楽しみました(〃'∇'〃) あっという間に時間がすぎてしまった。
f0043559_1045475.jpg
デザートも、すごく美味しかったなっ。本当にお洒落なひと時でした~(*´∇`*)
Tさん、ステキなひと時をありがとうございました。また近い内に・・・

お店のホームページはこちらです
by miyazaki_akiko | 2009-06-18 23:44 | 独り言
近くに献血車がきたので、一年ぶりに献血をしました。
f0043559_104338100.jpg
受付をすませて献血車にのって、腕をめくっていたら、
看護婦さん→ 「確認で、お名前と、生年月日と、血液型を」(〃⌒∇⌒)
   Aki  → 「みやざきあきこです。えっと、性別でしたっけ・・・」
看護婦さん→ 「性別は分かってますよ~ 男性だったら大変」( * ^)oo(^ *) クスクス
   Aki  → 「あっ・・・・すみません」( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

------------- 採血が終って、ここからが、大変だった ----------

採血前に120あった血圧が、採血後60まで下がってしまい・・o(´д`)o

看護婦さん→ 「大丈夫ですか? ちょっとボーっとしませんか?」(ノ ̄□ ̄)ノ

        本当は、めまいがしているのに、何事もないように・・ 
   Aki  → 「いいぇ~ 大丈夫です。 大丈夫ですよ~」 (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

心配した看護婦さんから、水分補給にと、400mlのポカ〇スエットを渡され、ベットの上で
飲んでしばらく寝ていたけれど、相変わらず血圧は65までしか回復せず、検診の際に
みてくれた、男性のお医者さんのところに連れて行かれ・・・
 先生 → 「やはり、ちょっと低すぎますね・・・ もう一回はかりましょう!」(´~`ヾ)
      
        顔色が悪くて、こんな状況でも、ついつい、出てしまうんだなぁ 
   Aki → 「先生、計測する間、私の目をじっと、見つめてて下さい。そうしたら、きっと
            私、 ドキドキして、血圧があがるはずですから~」 (* ̄∇ ̄*)エヘヘ

   先生 → 「そういう、状況ではないんですよ」 (´~`ヾ) ポリポリ・・・

( * ^)oo(^ *) クスクス  (*^-^)/ はっはっは \(*^-^*)/  うふふ\(^-^* )

みやざきあきこ・・・ちょっと、血をぬきすぎたようです。ε=( ̄。 ̄;)フゥ  しんどい・・・
by miyazaki_akiko | 2009-06-17 23:42 | 独り言
ブログをはじめて約3年半。一度に、こんなに大量の写真をアップするのは
初めてです。
でも、これからご紹介する写真は、2009/6/3 撮影した写真の中の
ほんの一部分です。長くなりますが・・・永久保存版の一日の思い出に、
お付き合い下さい!(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
f0043559_19364192.jpg
2009/6/3(水) ずーーっと思い続けてきた、縄文杉に逢えると思うと
嬉しくて、早朝から、ものすごくご機嫌な、みやざきあきこ。
f0043559_19365962.jpg
あっきぃのツアーガイドをひきうけて下さったのは、
エコツアーガイドであり、フォトグラファー・物書き・元DJという
多彩な顔を持つ「なんなん」こと皆川直信さん!
いつも見ていた屋久島の情報誌の写真家が、彼だったんです
f0043559_19362231.jpg
降水確率 午前中60%→午後80%→夕方100%の天気予報の中、
5時半すぎ「なんなんと、あっきぃの縄文杉ツアースタート!」\(^-^*)
f0043559_19385844.jpg
準備体操を済ませて5時半過ぎに、荒川登山口を出発!

ナンナン、草花の説明をしながら・・写真を撮っております。
ナンナンさんのホームページ「美屋久」はこちらです

私も、写真をとりながら・・てくてく歩きます。
でも、私の一眼レフカメラは、まだリュックの中。
f0043559_19391249.jpg
縄文杉までの11キロの道のりですが、そのうちスタートしてから
約8キロは、トロッコ道(運搬車両の軌道)を歩きます。
この日は、登山客が100名いかないくらいだったので、
混むこともなく、快適に縄文杉を目指すことができました。
f0043559_19392041.jpg
ナンナンは、丁寧に屋久杉についての説明や、この土地周辺に関する
ことを話をしてくれました。 
途中、私が「ナンナン、ポーズとって~」とお願いすると、
屋久杉と同じ、立ちポーズをとってくれました(*^。^*)
f0043559_19392922.jpg
ツンツンとした葉が特徴。これ、屋久杉の赤ちゃんなんです。
f0043559_19393940.jpg
点検中だったけれど、屋久島の自然を守る為に設置された「バイオトイレ」発見!
f0043559_19395640.jpg
約8キロのトロッコ道の終点場所に、キレイな水洗トイレがあります。
ゴールデンウィークの時に、一時間半ちかくトイレを待つ登山客の
姿が新聞にのった場所でもありますが・・
今日は、トイレを待つこともありませんでした。
f0043559_20455997.jpg
ナンナンさん以外にも、島内には「ツアーガイド」をなさってる方が
沢山いるそうで、この日、私が会った10名位のツアーガイドさんの中で、
一番インパクトがあったのは・・こちらの「テラダさん」です。 
半そでシャツに、半ズボン、タバコを吸う横顔は、まるで
マンガ「ゴ〇ゴ13」の主人公みたい!! ものすごくカッコいでしょ!
胸のポケットには、もしかしたらナイフや、爆発物やetc・・
入っているのでは・・(笑)
f0043559_20461597.jpg
Aki → 「今日からニックネームを、ゴルゴ テラダにしたらどうですか?」
f0043559_19401860.jpg
トロッコ道の後は、いよいよ山道です。ナンナン→「これ、屋久杉の年輪だよ」
f0043559_19402841.jpg
Vドラマ「今、あいに・・」のDVDの表紙に使われた風景です!
DVDの表紙写真はこちら
f0043559_19403721.jpg
植物学者アーネスト・ウィルソン博士が世界に発表した「ウイルソン株」に到着!
ナンナン、私の一眼レフを手に、試し撮りをしてくれました。
カメラマンでもあるナンナンから、カメラのレクチャー中。
f0043559_19404843.jpg
推定樹齢2000年の「ウィルソン株」の内部です。博士が洞窟と思って
雨宿りしたという話が残っているだけあって、巨大な切り株で・・
f0043559_19405770.jpg
上を見ると・・なんと、ハート型なんです。ヽ(〃^・^〃)ノ  
ロマンチックでいいわぁ~(*´ェ`*)
f0043559_19411297.jpgf0043559_19412517.jpg












この場所を通りかかった人の手によって、毎日顔がかわる「人面岩」
私の手にかかると「鼻水がとまらず、しんどい顔」に早変り( ̄∇ ̄*)ゞ
f0043559_19413882.jpg
「同じ一つの木でも、見る方向が違うと、違うもの見えるんだよ~」
そう言って、ナンナンが写真を2枚撮ってくれました。まず1枚目のお題は・・
 「マグロに食べられそうになっている あっきぃ」
f0043559_19414781.jpg
そして、反対方向にまわってとった2枚目のお題は・・
 「ものの〇姫にでてくる、おっことぬしに食べられそうになっている あっきぃ」
f0043559_19415545.jpg
ナンナンから、縄文杉までの道中で出会う、色々な屋久杉の魅力や、
草花のことを、細かく教えてもらいながら、楽しく歩いていると・・
ナンナンが、「あっきぃ、いよいよ、この先が、縄文杉だよ。
これから、僕がOKを出すまで、決して上を見ないでね!
いい? 約束だよ。さぁ、いくよ~」
f0043559_1942236.jpg
ナンナンとの約束どおり、下を向いて最後の階段をあがります。ドキドキ
f0043559_1942143.jpg
そして、ナンナンが誘導してくれて「あっきい、いいよ!」と言われて、顔を上げると
f0043559_21452978.jpg
屋久島の森の主「縄文杉」が目の前に!!  
あまりの大きさに、言葉になりませんでした。
何と、あっきぃ、貸切で縄文杉との対面をすることができました。

屋久島についた2日目に白谷雲水峡、3日目にヤクスギランドに行って、
色々な屋久杉を見ていて、屋久杉を見慣れていた事もあり、心の奥で、
「想像していたものより、実在の縄文杉の存在が小さかったら・・」と
思っていたけれど、私を迎えてくれた縄文杉の圧倒的な存在感に、
言葉も無く、ひしひしと涙がでました。
f0043559_19424232.jpg
ナンナンにすすめられ、縄文杉に出逢う為に購入した、一眼レフカメラを
手にしてデッキに寝転んで、写真をとりました。
f0043559_19425319.jpgf0043559_194323.jpg












ナンナンさんのホームペーシの写真に一目惚れして、ガイドをお願い
したのですが、シヤッターを押しながら、ナンナンさんにお願いして、
本当に良かったと思った。理由は・・・・

ガイドさんをつけなくても、縄文杉まで道に迷うことなく辿り着けると思う。
ガイド料金がもったいないと思う人も、いるかもしれない。
私自身も、当初はガイドをつけずに一人で縄文杉に登る予定にしていました。

でも、ご縁があってナンナンさんのホームページに魅かれて・・・・
ナンナンさんにガイドをお願いし、縄文杉と共に生き続ける沢山の
屋久杉達の事、屋久杉以外の木々たちの魅力、草花、歴史のことを
学びながら、一歩、一歩、足を運んだ先で出逢えた縄文杉との対面は、
お金にかえられないほど、すばらしいものだったから。

この縄文杉に出逢う為に、この山に入ったのなら、ぜひ、ガイドの案内の
中で、歩いてほしいなぁと思いました。
この山には、縄文杉以外にも、沢山の魅力がある事を感じられて、そして、
もっと、もっと屋久島が好きになると思うから(〃'∇'〃)
f0043559_232644100.jpg
カメラマンのナンナンが、魚眼レンズ(フィッシュアイ)で写真を
とってくれました。このレンズだと縄文杉の全体を写すことができるって。
近い内に、私も購入したいなっ(〃⌒ー⌒〃)
f0043559_19431124.jpg
縄文杉と感動の対面を終えた後は、縄文杉のすぐ近くで水を汲んで、
f0043559_19432117.jpg
縄文水を沸かして作ってくれた、お味噌汁と共に昼食タイム!
f0043559_19433311.jpg
心配していた雨も降らず、そんな中でのお弁当は、特に美味しかった。
あっ、わたし、屋久島でも、ちゃんとMy箸使いました~。
f0043559_19434591.jpg
昼食を終えて下山するころになって、ポツポツと雨が降り始めましたが・・
f0043559_22592744.jpg
雨の中の風景も、またいい感じで、晴れと雨の二つの表情を見ることが
できて、すごく得した気持になりました。
憂いのある風景を写真にとることができました。
f0043559_1944725.jpg
もう少ししたら、出発地点に着いてしまうんだなぁと寂しく思っていたら、
ナンナン → 「あっきぃ、時間があるから、ちょっと、寄り道して、休憩しよう!!」
f0043559_19441731.jpg
寄り道をして、美味しい水でコーヒーtimeに!それも、手作りのお茶菓子付き!
f0043559_19442728.jpg
贅沢なコーヒーTimeを過ごした後は、雨がシトシトと降る中、ナンナンと共に
最後の数キロをテクテク歩きました。
Aki → 「ナンナン このまま、もう一回、縄文杉に行こう!
  私、体力的にも、まだ大丈夫だからぁ~ ねっ、行こう~」(*^.^*)
f0043559_19443560.jpg
このトンネルをくぐると、ゴールの出発地が目の前ということで・・
写真のお題は、「帰りたくないと、いじける、あっきい」 
でございます 
f0043559_19444575.jpg
楽しかった、とびっきりの一日は・・・夕方4時半に終りました。
f0043559_19445714.jpg
ナンナンさん、今日、一日、色々とお世話になりました。有難うございました。
案内を引き受けてくださって、心から感謝の気持でいっぱいです!

ナンナンさんが書いて下さった、この日のブログはこちら

屋久島でのガイドなら・・・ナンナンさんが、絶対オススメです~。
ナンナンさんのホームページ「美屋久」はこちらです
by miyazaki_akiko | 2009-06-16 23:23 | 旅日記
屋久島3日目は・・・朝から、島内一周ドライブに行ってきました。
f0043559_1321437.jpg
専属の運転手&カメラマンは・・私、ミヤザキアキコでございます。
f0043559_1324529.jpg
割烹雲水の大将さんにご紹介して頂いた、地元の美味しい焼酎の酒造元
「本坊酒造㈱ 屋久島伝承蔵」にやって来ました。気分は、取材にきたみたいです。 
f0043559_1331475.jpg
美味しい焼酎ができるまでの工程を、わかりやすく説明をして頂いた後は・・・
試飲タイムでございます。運転手の私は・・・ヽ(TдT)ノ ぁぁぁあああああ~
私の分まで、試飲を楽しむ父。 母も、一緒になって試飲をしている・・ ぁああ!!!!!
美味しい焼酎の試飲で、ご機嫌になった父は、自作の靴べらを2本もプレゼントしていた。
f0043559_1341572.jpg
私は、かおりだけを楽しんだ後「手作りかめ壷仕込み 太古 屋久の島」 を購入しました。
それと、ついつい、オリジナルのTシャツも買ってしまいました(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
温かく対応をして下さった、杜氏のHさん、蔵子のIさん、有難うございました。
次回は、ぜひ、試飲させて頂きたいと思います~
本坊酒造株式会社ホームページはこちら
f0043559_134274.jpg
酒造元の見学を終えて・・車内に焼酎のかおりが、かなり漂う中、
ヤクスギランド方面に車を走らせること約1時間! 道路沿いにそびえている
樹高19.5m、推定年齢3000年の「紀元杉」に出会いました。 
f0043559_1343677.jpg
その先には・・・杉の全体を見ることができる貴重な「川上杉」もありました。
他の有名な杉は、撮影場所の関係があって、全体を一枚の写真に納めることができないの
ですが、この「川上杉」は、杉の全体を写真におさめることができるんです。
f0043559_1344620.jpg
あっ!ヽ(*'0'*)ツ 水汲み場を発見!ヾ(=^▽^=)ノ 「飲みたい方は、声をかけてくださ~い」
f0043559_135412.jpg
もっと奥にいくと、屋久島の最高峰であり、九州の最高峰でもある「宮之浦岳」を
目指す人の出発地点、淀川登山口があります。途中の森~湿原~花崗岩を超えると・・
屋久島を制覇したような気分になれるらしい、宮之浦岳からの絶景が楽しめるそうです。
次回は、行ってみたいなっ。
f0043559_1351784.jpg
さてさて、ヤクスギランドにもどって、屋久杉の楽園探検をしました。
f0043559_1352518.jpg
ヤクスギランドは、体力と時間にあわせて、色々とコースが選べるので、
軽装で歩いている方が多かったです。ご年配の方も沢山いました。 
f0043559_1353383.jpg
ヤクスギランドの公衆電話は、屋久杉を使用した電話BOXでした。
f0043559_1362778.jpg
屋久島には、大小あわせて200近い滝があるそうです。その中から、
壮大なスケールの「千尋(せんぴろ)の滝」に、足を運びました。名前・・・そうです。
「千と千尋の・・」あの映画の名前の由来になったらしいです。
f0043559_1371041.jpg
落差88メートルもある、大川(おおこ)の滝」 マイナスイオンの宝庫!
f0043559_1372135.jpg
轟音は迫力ありすぎ~。カメラにマイナスイオンがぁ~~( ̄▽ ̄;)!!ガーン
f0043559_18171796.jpg
果樹園「屋久島フルーツガーデン」にも足を運びました。
f0043559_18174021.jpg
入園料は500円で、熱帯の果樹や植物800種類が植栽してある敷地内を
案内して頂いた後は・・・・  嬉しいことに・・・・
f0043559_18173041.jpg
トロピカルフルーツの試食ができるんです。これはGoodです~
f0043559_1365972.jpg
屋久島フルーツガーデンのすぐ近くにあるのが、巨大なガジュマルの木
N〇K 連続ドラマ「まん〇ん」のロケ地になった場所です\(^▽^)/
f0043559_13121725.jpg
ドライブ中に、何度も、つぶらな瞳の鹿や、サルにあいました(o^-^o) ウフッ
f0043559_1374848.jpg
最後は、巨大な花崗岩で形成された渓谷「横河(よっご)渓谷」に立ち寄りました。
f0043559_138625.jpg
ココ穴場スポットらしい!夏場だったら、洋服のまま、喜んで泳いだだろうなぁ~。 
f0043559_18381095.jpg
5日間の屋久島滞在中、一番、大爆笑したのは母の一言でした。何と母は・・・
宿泊先の近くかかる橋の欄干に座っていた、このサルの像を見て・・・

「わっ! 見て! 見て! ほらっ、猿よっ。サルがいるわよ!」\(^▽^)/と大喜び。

お母さん・・・私は、お母さんの、そんなオチャメなところが好きです( ̄∇ ̄*)
次回、屋久島に行くときは、一緒に縄文杉をみに行こうねっ。
by miyazaki_akiko | 2009-06-15 12:58 | 旅日記
白谷雲水峡を楽しんだ夜に、「永田いなか浜」へ、海ガメの産卵観察会に行きました。
f0043559_12553078.jpg
毎年5月から7月に上陸する海ガメの産卵場所に、一般の方が自由に足を運び、
海ガメの産卵を見ることは、海ガメ保護の為に、禁止されていて、
事前予約+見学前の勉強会に参加する事が条件になっていると言う事で・・
f0043559_1255215.jpg
夜20時過ぎ・・・「永田 いなか浜」にある観察会場に足を運びました。

会場に着いて、受付をして(協力金として、一人700円をお支払い)約30分間くらい、
海ガメの生態についての説明や、ビデオを見ながら注意事項を学んだ後は
浜で監視をしている、保護団体の方からの、観察OKの連絡がくるまで待機しました。

そして、約1時間くらいたった時に、観察OKの連絡が入り、浜に降りていきました。
海ガメが産卵をはじめて、海に帰るまでの約2時間に立ち会うことが出来ました。
f0043559_12564991.jpg
実は・・産卵見学の際の、懐中電灯などの照明器具の持込や、写真撮影は
一切NGとの事で、産卵の時の写真は一枚もないので、資料館で展示して
あったこちらで、産卵をイメージしてください(*´∇`*)

約50センチくらいの深さの穴を掘って、大きく息を吸って、ピンポン玉くらいの卵を
1回につき3~5個くらい産み落としていくのを、息をのむように、見つめてました。
監視員の方が唯一手にしている、淡い懐中電灯の光の中、観察をしたのですが、
大きく息を吸って、一生懸命に産卵する海ガメの目から、うっすら涙がこぼれていました。

(事前の説明会の時に、産卵が苦しくて涙を流しているのではなく、体内に蓄積している
余分な塩分を排出する為と、目の乾燥を防ぐ為に涙を流していると、説明を受けたの
ですが、そんなふうに解釈したくないなぁと思ってしまいました)

約100個くらいの卵を産卵した後は、手と足を器用に動かして穴を埋めていきました。
卵を産んだことを知られないように、何度も何度も、丁寧に土をかけて・・・・・
海に帰っていきました。 海へと戻る海ガメの後姿に、ジーンとなりました。
f0043559_12554122.jpg
感動の観察会から一夜明けて、翌日、産卵場所に足を運んでみました。
産卵を終えて、海へ帰っていた海ガメの足跡が残っていました。

屋久島に行く機会があったら、ぜひ見たいと思っていた、海ガメの産卵見学が叶って
嬉しかったです。 貴重な体験をすることができました。
この時期に屋久島に足を運ぶ方がいたら、海ガメの産卵見学はオススメしたいです!
ガメ観察会についての詳しいご案内はこちら

余談ですが・・
卵は砂の熱で温められふ化しますが、砂の温度によって性別が決まるそうで・・・
29度以上ならメスが多く生まれ、29度未満だとオスが多く生まれてくるそうです。
by miyazaki_akiko | 2009-06-14 12:54 | 旅日記
2日目は・・父と母と私の3人で、「白谷雲水峡」へ行きました!!
f0043559_12152426.jpg
この通り、いい天候にもめぐまれました! 5日間の屋久島に滞在中に、
雨が降ったのは一日だけでした。 私は、晴れ女らしいです。ヾ(´ε`*)ゝ
f0043559_12154493.jpg
この日の為に、今年入ってから、少しずつウォーキングの練習をしていた
父と母は、元気に歩きました。父は自作の杖を持参して、はりきって登山です。
f0043559_12155638.jpg
マイナスイオンに癒されながら、往復約7キロをのんびり歩きました。
f0043559_1216638.jpg
この杉は、三方向に分かれた根が、大地を踏ん張る足のように見えることから
「三本足杉(さんぼんあしすぎ)」と呼ばれているそうです。周囲は約3.9メートル
f0043559_12164951.jpg
「くぐり杉」 この杉をくぐる時に願い事をすると、願いが叶うらしいです。
f0043559_12162257.jpg
途中にある、宿泊可能の山小屋「白谷小屋」の近くには水のみ場もありました。
水は、冷たくて、とても美味しかったです。ペットボトルに入っていたお茶を捨てて
ここの山水に入れ替えていると・・・
f0043559_12192036.jpg
目の前に、屋久鹿が現れました!! (*⌒∇⌒*)  つぶらな瞳が愛らしい~
f0043559_12164040.jpg
「も〇のけ姫の森」と呼ばれている森を歩きます。苔むした景色の中に、
鳥のさえずりや、沢のせせらぎの音が聞こえて、ココでお昼寝をしたい気分になりました。
f0043559_1217026.jpg
約1キロの「もの〇け姫の森」を歩いた後は最後の難関「太鼓岩」までの登山!
もの〇け姫の森までが、標高約900メートル、太鼓岩は標高約1050メートルという事で、
太鼓岩の頂上まで、標高でいうとあと100メートルくらいなのですが、かなりの急勾配に
なっていて、足があまり丈夫でない母は、きつそう。
 先に行く父 →  「母さん、 あと、もう少しでつくよ~ 」(o^∇^o)ノ 
   母    →  「案内よりも、引っ張ってくれたらいいのにねぇ・・」(*'へ'*)
f0043559_1217912.jpg
急勾配に格闘すること約30分、標高1050メートルに位置する、巨大な一枚岩
「太鼓岩(たいこいわ)」にたどり着きました! 頂上で、一人旅の女の子、さやかちゃんと
出会い、仲良しになり、この日の夜、一緒に海ガメの産卵にいきました。
f0043559_1217229.jpg
頂上でお弁当を食べました。お母さん、頑張った後のお弁当、美味しかったねっ!
f0043559_18545899.jpg
頂上でのんびりしていると、他の参加者に同行していたツアーガイドさんが、
「せっかくですから、頂上にいる全員でやまびこしましょう!! ヤッホぉぉぉ~ではなく、
ヤッホッで短くきってください!  いいですか? いきますよ~ せーのー ヤッホッ!」

この後、はりきって「ヤッホぉぉぉ~」と叫んだ父は、ツアーガイドさんに怒られる・・
f0043559_12174497.jpg
帰りも、のんびり、のんびり、白谷雲水峡を楽しみながら歩きました。
途中、母からの「あきちゃん、写真とってぇ~ カメラマンさん、一枚とってぇ~」の
リクエストにこたえながらの約7時間を終えた後は・・・
f0043559_12175351.jpg
途中で、自宅から持参したボトルに、水汲みをしました。「不老長寿の水」らしいです。
飲みたい方は、まだ残っていますので、声を掛けてください!おすそ分けしまーす。
by miyazaki_akiko | 2009-06-13 12:19 | 旅日記
割烹雲水の大将が「ご両親と一緒なら、屋久島らしい宿があるから、ぜひココに」と
ご紹介をしてくださった宿に、5日間お世話になりました。
f0043559_11311290.jpg
宿泊したのは、宮之浦川のせせらぎが聞こえる・・ロッジ八重岳山荘!
ロッジ八重岳山荘のホームページはこちら

f0043559_11312233.jpg
森林の中の隠れ家のような・・山荘です。
渡り廊下を歩いていくと・・・ロッジ風の部屋7つあって・・・
f0043559_11313435.jpg
私たちのお部屋は・・・目の前が宮之浦川という贅沢なロケーションでした。
f0043559_1443668.jpg
お部屋から川まで、歩いて30秒!カヌーも無料で貸し出しをしていました。
f0043559_1435184.jpg
ロッジの主人! 滞在期間中、いつも声を掛けて下さって、滞在が楽しくなるようにと
色々と観光の情報を教えて下さったり、手配をしてくださいました。
f0043559_1131421.jpg
お食事は、ミシュランガイドに載った宿だけあって・・・美味しかったです。
ロッジ内で自生している草花を、お料理に添えてあったりして、目でも楽しめました。
こんなに美味しいお食事もついて、1泊2食で、なんと約8千円ぐらいなんです。
f0043559_11315191.jpg
お風呂は、木風呂・岩風呂・五右衛門風呂の3つありました。
こちらは木風呂なのですが、目の前は、なんと・・・大自然なんです~。
自然を眺めながらのお風呂は、とっても気持ちよかったです。もちろん空気も!
f0043559_11323929.jpg
4日間、夕方になると、この風景眺めながら・・・のんでました(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

   ロッジ八重岳山荘  ロッジ八重岳山荘のホームページはこちら

      住所  鹿児島県熊毛郡上屋久町宮之浦ディリー上 
      お問い合わせ Tel 0997-42-2552
by miyazaki_akiko | 2009-06-12 11:33 | 旅日記
5/31(日) 朝の6時前、鹿児島フェリー乗り場前からの朝日でございます。
f0043559_11233643.jpg
昨夜自宅を出て・・・愛車にのって、鹿児島までやってきました。
実は、今回の屋久島旅行は、一人旅ではなく・・・父と母も加わっての旅行になり、
休日のETC割引を利用して、愛車に乗って、鹿児島→屋久島へとなりました。
f0043559_12204787.jpg
朝7時「屋久島丸」に乗船してすぐ、お酒をのんで気持ちよさそうに眠る父。
Aki →  「いいねぇ~ 運転しなくていい人は・・・」 ε=( ̄。 ̄;)フゥ
f0043559_11235048.jpg
乗船して約4時間で、屋久島が見えてきました!!o(*^▽^*)o~♪
f0043559_11235674.jpg
下船して、一番に伺ったのは・・今回の旅行のアドバイスをして下さった
割烹「雲水」さんです。割烹 雲 水のホームページはこちら
f0043559_1124331.jpg
2年前、屋久島に行こうと思ったときに、何気なくmixiに日記を書いたら、
その日記をみて、温かいメッセージを下さったのが、こちらのお店の大将さんで・・
それからのお付き合いなんです。
今まで、メールと電話のやりとりだったので、初日お会いできた時、とても嬉しかったです。
f0043559_11241058.jpg
新鮮な魚や、季節の食材を使ったお料理は、どれも美味しくて・・・
何といっても、大将の温かい人柄がステキです。
オススメの観光スポットや、地元の方を紹介して下さって、本当に感謝の気持でいっぱい。
(*^-^)/ 屋久島に行く予定がある方は、ぜひ、足を運んでみて下さい \(^-^*)
 
   割 烹 雲 水    割烹雲水のホームページはこちら

      住所      鹿児島県熊毛郡上屋久町宮之浦2478-181     
      営業時間   昼11:30~13:00    夜18:00~22:00
      定休日     木曜日            Tel/Fax 0997-42-2101
 
追伸 店内には・・父が作った作品を飾って下さっているので・・
                    良かったら、探してみて下さいヾ(〃^∇^)ノ 
           父の手作り作品はこちらです 
by miyazaki_akiko | 2009-06-11 11:22 | 旅日記